FC2ブログ
プロフィール

上山道郎 (うえやま みちろう)

  • Author:上山道郎 (うえやま みちろう)
  •  
    *ツイッターはこちら*

    *****

    アマゾン・アソシエイトに参加しています







    *おすすめ定番商品*








最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

別冊兄弟拳blog
漫画家・上山道郎のラクガキや近況報告
ガンガンギギーン
 怒濤の忙しさだった10月のスケジュールをどうにか乗り越えました。
と、油断したせいか若干風邪気味な気配。
みんなも気をつけましょう。







 というわけできょうはギンガマンの話。



 とはいうものの、
俺としてはこのギンガマン、シリーズでも屈指の傑作として大好きな作品なものですから、
ドラマやキャストや特撮のことを語り出すといくらでも長くなってしまうので、
ここは主題歌の件に触れるくらいでお茶を濁しておきます。

子門真人。
以上!

とは行かないので一応説明しますと。
このギンガマンの主題歌はOP・EDともに「希砂未 竜」という名の歌手が歌っているのですけれども、これがまあ、誰がどう聞いても子門真人でしかありえないわけです。
しかしこれは、子門真人は公式には歌手活動を引退したことになっているという事情から、
放送当時はもちろん10年を経た今もなお、公式には子門であることは(おそらく)認められていません。
番組放映中には雑誌のインタビュー記事などで高寺Pは、希砂未竜って子門さんでしょ?と質問されると「ライブハウス中心に活動している歌手で、別人」なんて見え見えのウソをついていたわけですが。
今になってみるとむしろこれが真実で、これからどんどんヒーローソングを歌ってもらえたほうが逆にうれしいわけですよ。
90年代後半以降、子門真人の新曲を聴けなくなってわれわれファンにはもう子門分が不足しっぱなしなんですから。
カンバック、シモーン!
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

初めまして&待ってました、ギンガマン!
ギンガマンが来たら書き込もうとずっと待ちかまえていた腑抜けです・・・
戦隊シリーズはこの前後が一番ハマっていた覚えが。
私もギンガマンを語らせたら長い方です(笑
シナリオの完成度のおかげですっかり忘れていましたが、ロボットまで「強化パーツだけで強化される」獣装光のデザインや、「6人目」黒騎士の引き継ぎ等いまになって考えるとやはり「脈々と変化を続けている」戦隊シリーズの王道なんだな、と思ったり・・・

失礼しました、それでは
【2007/10/30 21:48】 URL | 華 #jnUNkWIE [ 編集]


そういえば、ギンガマンを最後に戦隊シリーズは
~マンというネーミングの付く戦隊は無いですね
【2007/10/30 22:00】 URL | ZX #- [ 編集]


私はこの作品で脚本家・小林靖子氏のファンになりました。
奇をてらっていない、だけど強く印象に残るお話を創られる方だなぁ、と。
その完成度の高さでしょうか、『パワーレンジャー・ロストギャラクシー』として
アメリカで放映された時にストーリーがまんま同じの回が多かったのにびっくり
したものです。あちらの俳優さんが、一から同じ脚本、同じ演技をされていて、
ああ、本当にいいモノは国や人種の差なく受けいられるんだなぁ、と感動しました。
…懐かしくなってきたのでアメリカ版のビデオ見返そうかな。
自分語りになってしまいました、すみません。
【2007/10/31 00:40】 URL | KAZ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mueyama.blog15.fc2.com/tb.php/1163-9162e083
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)