fc2ブログ
プロフィール

上山道郎 (うえやま みちろう)

  • Author:上山道郎 (うえやま みちろう)
  •  
    *ツイッターはこちら*

    *****

    アマゾン・アソシエイトに参加しています







    *おすすめ定番商品*








最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

別冊兄弟拳blog
漫画家・上山道郎のラクガキや近況報告
「日本語」番組は、けっこうな地雷原なのでは




  この秋改編期から、「日本語」を題材にした情報・クイズ番組が各局で始まったのはみなさんご存じの通りですが。
この動きが、ベストセラー「声に出して読みたい日本語」あたりから始まった、
いわゆる「日本語ブーム」の流れに乗っているものだとしたら、
おそらくそろそろ、その「日本語ブーム」も終わりが近いんでしょう。
どんなブームでも、テレビというメディアに食い尽くされたら、
あとにはペンペン草も生えない、というのが相場ですから。


 ゆうべはたまたま、「あなた説明できますか?」という番組を見てました。
これは、「似たような言葉」の意味の違い*たとえば「おにぎり」と「おむすび」の違い*を説明しよう、という趣旨のクイズ番組。
なかなかに興味深い内容も多く、以前に放映されたスペシャル版は結構面白いものになってました。
*ちなみに「おむすび」は手でごはんをまるめて作ったもので、
「おにぎり」は器具を使ってまるめたものを指す、そうです*

しかし「言葉」を扱った番組が、おそらく避けては通れない、
「ほんとにそうか?」という納得のいかなさが残るクイズ(とその答え)が
早くも現れてきたのが、レギュラー番組化の辛いところ。

きのう扱われた問題は、「童話」と「おとぎ話」のちがいはなに?というもの。
答えは、
「童話」は外国から伝えられた話のことで、
「おとぎ話」は日本が発祥の話のことである、
という説明でした。


…マジで?
この答えでみんな納得しますかね?
それじゃあ、たまに見かける「創作童話コンクール」とかは、なんなの?
応募資格は、外国人のみ?
聞いたことないぞ、そんな話。
そもそも、「童話」「おとぎ話」という言葉(字面)に、
「国内・国外」という要素と関連するものが全く無い。
「童話」は字義通り「子供(のため)の話」だし、
「おとぎ話」の「とぎ(伽)」は、「相手をすること、つれづれをなぐさめること」。
「伽」は古い言葉だから、昔から知られている日本の民話などのことを指す、
なんて説明もあったみたいですが、相当昔からだって、
中国あたりから伝わった説話なんかも「伽の話」として語られていたんじゃないですか?

 さらに、この答えを教えてくれたのが、アンパンマンのやなせたかし先生であるという点でも胡散臭さ満点。
あの人は作家であって、言語学者じゃないだろう。

 個人的には、あきらかに検証が足りないままに見切り発車で放送してしまった感がありありと感じられるネタだと思いますがどうなんでしょう。
仮にも電波に乗せるのなら、もうちょっと納得のいく答えを用意して欲しかったものです。
こういうことが続くようなら、日本語情報番組ブーム、俺の想像よりもさらに早く終わるかも知れません。



 …とはいえ、毎週一本、情報番組を作るっていうのが大変なことなのは、想像に難くないですけどね。
しばらく前にも、科学実験ブーム(米村でんじろう先生あたりが発祥)に乗って、
テレ東でナンチャン司会の科学情報番組が作られたけど、
花粉症治療に関するウソ実験がバレてあえなく打ち切り、なんて事件もありましたし。
俺は毎週楽しみ見ていた番組だったので、すごく残念でしたよあれは。
いずれにせよ情報とか教育に関わる番組は、生半可な覚悟で手を出しちゃいけない分野なんだろうと思いますね。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

僕の大好きな映画『ビッグ・フィッシュ』のキャッチコピー「人生なんて、まるで御伽ばなしさ。」
が否定されたようでちょっと悲しくなりますね。

まあ語源を調べるのは面白いことだとは思うんですけど、
テレビでやるってのはちょっと違うかなぁと思います。
【2005/11/03 23:33】 URL | TAKU #EUzXsmB6 [ 編集]

大問題です!
民俗学の神道集ゼミで、説話とか民話とか御伽草子とかの定義を教えて貰ったように思いますが、童話は外来のものだとは初耳です。(勉強不足何かしら???)
いずれにせよ、口承で伝えられてきたもので、歴史は古いです。それを書き留めたり、書き写し(印刷技術がない時代)たりして流布本が出来、エピソードや小道具がいろいろ削られたり、足されたり、変化したりしてこの流布本はこの系統で比較的新しいとか何とか探っていくわけです。(←読子さんとかが流布系統をすぐに突き止めてくれそう)
話しが剃れちゃいましたが、もしかしたら、童話が外来のものだって判断したのは、大正辺りだったかの、赤い鳥運動が頭の隅にあったとかではないでしょうか。グリム童話だけでイメージしたわけではないですよねぇ。
大体こんな問題を出す方が間違いです。それだったら、問題を“語ると話すの違いを述べよ。”にして物語等の大ざっぱな説明やジャンル分けにしといたらよいのに…
それから蛇足ですが、松尾芭蕉忍者説じゃなくて、隠密説ですから!これだからマスコミって!!!
【2005/11/04 00:26】 URL | manatee #- [ 編集]


番組のプロデューサーのコメントを見ましたが、番組の答えが正解な訳ではなく、「自論や知ったかぶりを語る人」を見せる番組で、普通のクイズ番組ではないそうです。
私は番組を見た訳ではないので、指摘がズレているかもしれませんが、一個人の自論を、あたかも「絶対に正しい」と視聴者に写る様に番組を作るのはどうなんだろう?
【2005/11/04 00:36】 URL | 黒川 #- [ 編集]

もういいよ・・・って感じ
結局、少し毛色を変えたバラエティー番組ということでしょうか。
でも、始まったとたんに「もういいよ」と思われる番組って。

他にも沢山「もういいよ」と思っているものがありますが・・・
”**力” (例:老人力) ”超**法”
まぁそれだけ、新しくものを作る(創る)のは大変ということなんでしょうけれど。

とりあえず今期待してるのは、NHK BS2で放映する「ローハイド」と「コンバット!」
どちらもTV劇としては ”古典” ですが、見る気満々です。
もう、その為にビデオデッキも新調しましたし(馬鹿ですね)
【2005/11/04 02:54】 URL | makoto #Rk4VwtrY [ 編集]

林と森
森は自然の物で、林が人工の物という回でも、番組内でも例にした竹林は?それに熱帯雨林は?どちらも自然に出来るのでは?
とかなり疑問に思っていました。
【2005/11/04 10:28】 URL | ROMAN #/jgJrKak [ 編集]

レス
 >番組の答えが正解なわけではない
 このプロデューサーのコメントでは、
「番組の回答者が正解を答えられるかどうかは重要ではない」と言っていて
番組の見解としての答えが正しくないとまでは言っていませんね。

しかしことばの語源や語義というものには、諸説あってどれが正解かは明確には分からないというものが多いということを、
もっとしっかり認識してほしいものです。
【2005/11/04 17:55】 URL | 上山道郎 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mueyama.blog15.fc2.com/tb.php/129-b5d9c1f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)