FC2ブログ
プロフィール

上山道郎 (うえやま みちろう)

  • Author:上山道郎 (うえやま みちろう)
  •  
    *ツイッターはこちら*

    *****

    アマゾン・アソシエイトに参加しています







    *おすすめ定番商品*








最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

別冊兄弟拳blog
漫画家・上山道郎のラクガキや近況報告
これがジェンダーフリーってやつか
自分より新しい世代の漫画家さんやら
ネットで見る絵描きさんやらを見てて最近思うこと。


 まず、ペンネーム率が高い。
というより本名を使ってる人をほとんど見たこと無い。

それにともなって、絵を見ただけでは作家の性別が
わからなくなってきました。

てっきり男だと思ってた…というより女だとは考えもしなかった作家が実は女だったり、
その逆の場合もあったり。

 俺らがデビューした頃なんかは、
男と女では、描く絵の傾向に明らかな違いがあったものですが
最近はとくに、どんどんその差が小さくなっているのはたしかなようです。

もちろんそれは別に悪いことなわけではないし
むしろなんというか、非常に興味深い現象というか。
逆に、そもそもどうして今までは性差による明かな絵の傾向の違いというものがあったのか、
それは先天的なものなのか後天的なものなのか
(おそらくはその両方なのだろうと思いますが)等々、
いろいろと考えることはつきない今日この頃であります。
FI1111656_0E.jpg
AUTHOR: hooky DATE: 03/11/2005 01:50:47 自由という名の混沌が呼び寄せた無秩序時代ですよー
ボヤボヤしてると後ろからバッサリですよー
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

基本的には描き手の画風は自分が見て育ったマンガを参考にする訳ですから、おそらく、「少年ジャンプ(だけじゃないけど)」見て育った女の子が増えてきているからではないでしょうか?
昔に比べて、週刊少年誌にも「明らかに女の子をターゲットにした」キャラや演出を売りにする漫画も増えて、少年マンガと少女マンガの垣根が無くなっているんでしょうね。

少年漫画、少女マンガとも絵が洗練されてきて(あるいは記号化されてきて)、到達点が近くなったとも考えられますが。
【2005/03/11 17:45】 URL | 黒川 #79D/WHSg [ 編集]


あらゆる意味で、少年漫画と少女漫画の境界が曖昧になってきているのはたしかですね。同じ原作を元にして別々の漫画家がそれぞれ少女誌と青年誌で連載をはじめるなんて企画もやってますし。


 さておき、俺も漫画業界の人とつきあいがあるので(あたりまえだ)どの作家が実は女性、実は男性なんて話を聞いてびっくりすることも多いんですが
たぶん、ひとによっては性別を読者には秘密にしたい人もいるんだろうと思うと、うかつなことをネットで書くわけにもいかないなと、気を使ってしまいます。


 あと俺はデビューしてから何年も村枝賢一は女だと信じて疑ってませんでしたがなにか?
【2005/03/12 16:52】 URL | 上山道郎 #79D/WHSg [ 編集]


確かに、村枝賢一先生の画風には鈴宮和由先生のような「女流少年漫画描き」の臭いがありますねw
【2005/03/12 17:26】 URL | 黒川 #79D/WHSg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mueyama.blog15.fc2.com/tb.php/1680-9dd9299e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)