fc2ブログ
プロフィール

上山道郎 (うえやま みちろう)

  • Author:上山道郎 (うえやま みちろう)
  •  
    *ツイッターはこちら*

    *****

    アマゾン・アソシエイトに参加しています







    *おすすめ定番商品*








最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

別冊兄弟拳blog
漫画家・上山道郎のラクガキや近況報告
12/08のツイートまとめ
ueyamamichiro

インフルエンザの予防接種をようやく受けてきた。先月はワクチン生産量不足で、いつもの病院で受けられなかったのだが、どうやら不足状態は解消した模様。
12-08 19:32

そして注射を受けた箇所、打たれた時はほとんど痛くなかったけど数時間経過してじわじわ痛い… まあ、小さくても刺し傷だからな…
12-08 19:34



RT@mangakato: マンガ描き初心者は、キャラクターに演技をさせることが出来ないことが多い。表情の描き分けや仕草を曖昧に描く。特に出来ないのがキャラクターの「目線」の描き分け。どこを見ているのか(何を見ているのか)がいい加減だったりする。役者としての才能も漫画…
12-08 20:44



2017年12月8日20時30分1000

児童漫画の経験で学んだ大事なことのひとつは、「読者と目線を合わせる」こと。特に表紙や扉といった決め絵では、なにか演出上の理由が無い限りは、主人公は読者と目を合わせるのが原則。デッサンとか書き込みとかではなく、子供たちに心の熱を伝えることが大事。 https://t.co/kiDceu9di1
12-08 20:45

Bの絵も、別に間違いでは無いけれども、視線が子供たちの心に刺さらない。あくまで自分の経験上だけど、子供たちの心に届く・刺さる目力(めぢから)を描けた時は、反応が違いました。
12-08 20:51

あくまで私見だけど。絵の技術が低いわけでは無いのに、なぜか目線の合う絵を描けない(描かない?)作家の人というのがたまにいて、それはどうも技術じゃなくて、読者に自分の心をぶつける覚悟や気持ちがあるかないか、ということによるようでした。そしてそれは子供たちには確実に見抜かれます。
12-08 20:59

スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mueyama.blog15.fc2.com/tb.php/2630-fd0ed1e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)