fc2ブログ
プロフィール

上山道郎 (うえやま みちろう)

  • Author:上山道郎 (うえやま みちろう)
  •  
    *ツイッターはこちら*

    *****

    アマゾン・アソシエイトに参加しています







    *おすすめ定番商品*








最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

別冊兄弟拳blog
漫画家・上山道郎のラクガキや近況報告
コ~ンのきつね


*10月22日の日記に書いた、マルちゃん「紺のきつねそば」を食べてみた記念に、
キツネさん風ウエイトレス。*
そばの味は、まあふつう。つゆの味はダシがきいてて良し。あぶらげの味は、どん兵衛のほう
が、若干上かなあ。




きのうの、アタリ製ゴジラのサイトで思い出したんですけども。
かたかなの「シ」と「ツ」の区別ができないのは、日本語を見慣れていない人からすれば、ム
リもないですよね。
ひらがなとカタカナの二種類があるだけでもややこしいのに。
第一、日本人でも、「シ」と「ツ」を書きわけられないひとは、存外多いです。
簡単な書き分けかたとしては
「シ」は、短い横棒2本に長い横棒1本・つまり線を引くベクトルは常に左から右への横方
向。
「ツ」は、短い縦棒2本に長い縦棒1本・線を引くベクトルは常に上から下への縦方向。
と理解すると、わかりやすいですな。
で、ひとつ思い出したんですけど。
昔コロコロで「サイポリス」を連載していた頃の話(十年くらい前かな)。
あれは妖怪とか魔物とかを扱う漫画だったせいか、結構、電波受けちゃってる系のひとからの
レターが多かったのですが。
その中に、毎月何通も、「ぼくの考えた妖怪(キャラ)を漫画に出してください」っていう手
紙を送ってくる子(多分小学生)がいたんですが。
その子はどうも、ひらがなの「し」と「つ」を区別できないらしくて、
「出してほしい」のくだりが、かならず
「出つてほしい」って書いてあるんですよね。
いや、必ず「つ」になってるってことは、ある意味区別できてるとも考えられますが。
しかし「し」と「つ」の形は、鏡像である上にそれを90度回転したものなのに、その両者を
区別できないというのはどういうことなのか...?
しかもその子は、漫画を読んでそれなりに理解して(?)ファンレター(??)まで送ってく
ることが出来るのだから、単純に頭が悪いと言うこととは違うようだし。
なんだか人間のパターン認識機能の不思議さに思いを馳せずにはいられません。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mueyama.blog15.fc2.com/tb.php/704-d6064ff5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)